研究者・アドバイザー


研究者

様々な分野のエキスパートの英知を集結し、高度な技術力を生かして開発した
安全で質の高い、本当に必要とされる製品だけを皆様のもとへお届けします。

研究者紹介

研究者
松本 高明
役職
代表取締役
肩書
医学博士/薬剤師
経歴
  • 協和発酵工業株式会社研究開発部にて『感染症治療薬』、『診断薬』の開発
  • パスツール・メリュー・コンノートSA研究開発部にて『塗るワクチン』および『癌ワクチン』、『感染症予防ワクチン』の開発
  • RHCUSA Ltd.にて『必要だが日本国にないワクチン』、『医薬品』の導入
  • メディサイエンス・エスポア株式会社設立。塗るワクチン技術を応用した『コルグレース化粧品』とナノ銀の機能性を高めた『メディカルシルビオンシリーズ』を開発。2010年には塗るワクチン技術と特殊混合技術から、消化管での酸素補給を目的とした『WOX』を開発。様々な基礎、臨床検討や応用検討を実行してきたが、2015年は糖尿病と未病である糖尿病予備軍での改善効果の確認に注力する。同時に製造装置のグレードアップを目指す。
研究者 松本 高明

研究者紹介

研究者
清水 清太郎
所属
商品/技術開発部
開発に対する「基本姿勢」
  1. お客様に喜んでいただける、そして安心してお使いいただける化粧品の開発。
    • 安全性を重視する。
    • お肌への有用性を発揮できる化粧品を開発する。
    • 品質の安定化も重要課題である。
  2. 他社には無い「WOX」大量配合化粧品の開発。
    • 肌(表皮)は常に酸欠状態であり、これが「お肌の老化」に大きく関与していると考えられる。
    • この解決策はWOX大量配合化粧品である。
  3. 最新の「皮膚科学」に基づく新素材の積極的採用。
    • 最近の「バイオテクノロジー」や「分子生物学」の進歩は加速されており、従来とは違う考え方による「皮膚科学」的アプローチの新素材が続々と発表されている。これらを選別し、効果の上がる本物の新素材を選別し、商品化することを目標とする。
研究者 清水 清太郎

研究者紹介

研究者
萩原 敏且
所属
技術開発部
肩書
獣医師/農学博士
経歴
厚生省(現厚生労働省)の研究機機関で動物由来感染症を中心とするに細菌・原虫感染症、およびヒトのクラミジア性感染症について予防対策を含め研究。この間及び退職後に、アフリカ・東南アジアでJICA専門家として感染症対策の指導。
現在はWOXの開発とともに銀−アミノ酸の抗菌・抗ウイルス効果、化粧品の防腐剤としての応用を検討中。
研究者 萩原 敏且

研究者紹介

研究者
松本 美弥子
所属
安全管理部
肩書
医学博士
経歴
厚労省の研究機関で主に呼吸器系ウイルスの研究、ワクチン等の国家検定業務に37年間従事。
製品の開発、研究、販売のみならず、市民のQOL向上に地道に取り組んでいるメディサイエンス・エスポアで少しでも社会に役立つことができたらという思いで当社のサポートを決意。 当社で扱っている製品については製造所と蜜にコンタクトを保ち、些細なことでも製品に不具合が生じた場合はその原因を追求し、
解明のため製造所の査察を行うなど、製品の管理、安全の向上に努めている。



アドバイザー

得意分野を持ったアドバイザーをむかえ、皆様の待ち望む質の安全で高い製品を世に送り出し、
社会に役立つ企業として発展していくことを目指しています。

(五十音順・敬称略)

青松 利幸

青松 利幸

税理士
青松税務会計事務所 代表
アオマツブラザーズアカウンティング株式会社
代表取締役
1975年3月15日生。明治大学政治経済学部卒。
辻・本郷税理士法人、ITベンチャー企業の財務部門等を経て、2008年より現職。2014年、青松税務会計事務所 代表に就任。
税理士法人在籍時には、最新の会計・税務スキームを経験。また、管理部長兼上場準備室長として在籍したITベンチャー企業では、資金調達や公開準備業務を中心としたCFO業務とともに、人事・労務等の管理部業務を担当。
現在、ラジオ出演や神奈川新聞への連載の他、起業や資産税に関するセミナーなど、多方面にて精力的な活動を展開している。趣味はサーフィン。”Surf&Turf”を標榜し、また周囲の勧めもあって始めたゴルフは、最近そのセンスが皆無であることに気付き始める。平成25年7月~ FMヨコハマ「THE BREEZE」内”教えて税理士さん”レギュラー出演

飯島 伸博

飯島 伸博

飯島経営コンサルティング 代表
1966年、東京生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、外資系コンサルティング会社に入社。
家業の木材販売店勤務を経て、2000年にコンサルティング事務所開業。大手コンサルティングファームの勤務経験と中小企業での実務経験を活かし、理論的かつ実践的なコンサルティング活動を展開、経営戦略立案、事業計画作成、後継者育成などの分野で個別企業に対する支援を行っている。
また、経済産業省認定の経営革新等支援機関であり、補助金申請サポートの実績も豊富。
中小企業診断士・1級販売士。

井上 哲夫

井上 哲夫

1952年、東京生まれ。東京理科大学卒業後、総合化粧品メーカーに入社。ヘアケア・スキンケア商品の研究開発部長を経て、国際毛髪科学研究所を設立する。東洋医学を美と健康に応用する「脱毛ケア」「頭皮ケア」のオーソリティとして、現在までに全国各地のガン診療拠点病院及び7000店以上の理美容店、その他の各種医療セミナーで講演・指導実績を持つ。
育毛研究25年・専門分野に取材多数。資格:生活習慣予防指導士(日本ホリスティック医学協会認定)医療機器販売・賃貸管理者および修理業責任技術者

今村 彰啓

今村 彰啓

今村行政書士事務所所長
化粧品薬事コンサルタント・MBA
●東京理科大学工学部工業化学科卒業
●早稲田大学大学院商学研究科ビジネス専攻修了(MBA経営管理修士)
●㈱コーセー勤務(化粧品の研究開発、商品開発、商品企画を担当)、日本ロレアル㈱勤務(化粧品の品質管理、生産技術、総括製造販売責任者を担当)、㈱ディーエイチシー勤務(化粧品の研究開発を担当)を経る。
●現在は、化粧品薬事コンサルタント、今村行政書士事務所所長、東京都行政書士会豊島支部副支部長、東京SGGクラブ役員(来日外国人への観光案内)
●主な著作:『高分子の化粧品への応用と今後の展開』(化学経済2016.10月号、化学工業日報社)
『ラグジュアリー時計ブランドのマネジメント』(共訳、2015年、角川学芸出版)

織田 慶子

織田 慶子

医学博士、医師、産業医。専門分野は小児感染症。
抗菌化学療法。久留米大学医学部卒業後、久留米大学小児科学入局。
UCA(カリフォルニア大学アーバイン校)クラミジア研究のため留学。
1995年に帰国し、久留米大学にて小児科講師、久留米大学免疫学講師へ。
川崎医科大学小児科講師を経て、現在は保険医療経営大学教授、及び久留米大学がんワクチンセンター非常勤講師。

金森 理香

金森 理香

●プラジーラ代表取締役
●ヘアメイク/ブライダルヘアメイク/フォトスタジオ/プロデュース/コーディネート
●美容コンサル/アドバイザー/広報PR
ヘアメイク学校卒業後、アパレル企業にて販売・VMDを学ぶ。常に売上はトップレベルを誇る。その後ベンチャー企業にてエステ事業部に従事。多くの女性の支持を得てトップカウンセラーとなる。後エステサロン・ヘアメイクスクール・ヘアメイク事務所・美容室などの立ち上げから、広報・宣伝PR、秘書業務を経て2003年7月、有限会社プラジーラ設立。ブライダルヘアメイク業務にてスタートし、エステ・ネイルサロンなどを手掛ける傍ら、美容コンサルティング事業も展開。現在、表参道の人気美容室Roopsと業務提携し、フォトスタジオ、ブライダルプロデュース業や広報・宣伝PR業務も行っている。美容業に携わり20年、起業して15年の経験を活かし、WOXのアドバイザーとして、広報を担当。

喜多埜 裕明

喜多埜 裕明

早稲田大学教育学部卒業。
株式会社桧林社に入社後、インターネットビジネスの将来性を感じて、1997年2月に国内最大のポータルサイトを運営するヤフー株式会社へ入社、翌年には経営企画部長。その後ブロードバンド、ショッピング事業などの陣頭指揮を務め、2005年4月取締役最高執行責任者COOに就任。
その後ソフトバンクモバイル株式会社に転じ、常務執行役員を務めるなど、日本を代表する情報通信事業のグループにて取締役を歴任。現在は衆議院議員や複数のベンチャー企業のアドバイザーを務める。

寺田 ゆうこ

寺田 ゆうこ

得光 義昭

得光 義昭

作詞家。 同志社大学法学部 法律学科卒業
㈱東急エージェンシーを経て企業の再構築や新規事業の立ち上げなどのプロジェクトに係わり、パブリケーションジャパン有限会社を設立。
雑誌企画、広告企画、CMキャスティングを主業務とする。又、音楽プロデューサーとしてアーティストのプロモーション戦略の立案、実施を行う。
作詞家としては2013年「直通線隊ゴセンジャー」で鉄道五社(みなとみらい鉄道、東急電鉄、東京メトロ、西武電鉄、東武電鉄)と鉄道大賞を共に受賞。WOXのコンセプトソング「一滴の酸素」も作詞。
カラオケ(DAM)には「幸せ運んで目黒線」「うつり香」が配信中。作詞は多数。
現在は「CD高尾山シリーズ五部作(10曲)」の四部作目を作詞中で2017年秋発売予定。
(三部作6曲はすでに発売中)