現代人は酸素不足!?
今よりもっと健康に!



酸素大切さ役割

人間が生きていくためのエネルギーは酸素によってもたらされます。
私たちの住む地球における大気中の酸素濃度は、大気汚染や海洋汚染などの影響により年々減少しているのをご存知でしょうか?100年前は約25%あった酸素濃度ですが、現在は21%にまで減少してきています。地球上のすべての生物にとってなくてはならない酸素。酸素は、生きる力となるエネルギーを作るためにとても重要な役割をしています。
私たちが食べたものは栄養分として水に溶けた状態で細胞内のミトコンドリアというエネルギー生産工場に運ばれ、これを酸素で燃やしてエネルギーが作られます。エネルギーのうち約80%が体温維持に使われ、残りの約20%が活動エネルギーとして使われています。
人間はしばらく食べなくても、生きることが可能と言われています。水は数日ぐらい飲まなくても耐えられますが、酸素は供給が断たれると、わずか数分で死に至ります。
なぜそれほど短時間で死んでしまうかというと、酸素は身体にためておくことができないし、酸素がないと生きるためのエネルギーを作れないためです。特に、酸素の消費量の多い脳はダメージが大きく、酸素がないとすぐに活動できなくなり、2〜3分で再起不能になってしまいます。人間にとって酸素がもっとも重要といわれるのは、エネルギーの生産に深くかかわっているからなのです。

WOX 酸素 水分子 イメージ図

High Performance OXYGEN
まったく新しい、身体の隅々まで
酸素を届けるテクノロジー。

微細にして幾つかの水分子で酸素分子をくるんだ特殊製法で作られるWOX。
これにより、消化管の細胞膜のアクアポリンという小さな穴から酸素を取り込むことに成功し、肺呼吸以外で酸素を身体に取り込むことを可能にしました。
激しい運動後の酸素不足や、ストレスによる酸素不足など、日常過ごしていて起こる様々な酸素不足のシーンに対し、WOXを飲むことで早く酸素補給でき、酸欠状態から回復することができます。
アクアポリンという細胞膜の穴は水分子を通過させることができるため、水分子にくるまれた酸素分子も一緒に吸収されるのです。
WOXは「水に溶けた酸素」です。
WOXを飲むことで消化管から吸収された酸素は、溶解型酸素として血液や体液にのって体中にすみずみまで行き渡り、酸素の届きにくい末端の細胞にまで到達します。

オレンジのトンネル状の箇所がアクアポリン 体内の細胞の水しか通さない穴で、皮膚の表面でもこのようなことが起こるとされています。

私たちが酸素を摂取する方法は二つあります。
ひとつは呼吸によって肺から体内に取り入れる方法、もうひとつはWOXのように水などに溶かしこみ消化管から取り込む方法です。
前者の酸素は「結合型酸素」といい、体内酸素量の約98%を占めていますので、しっかり取り込む必要があります。
しかし地球規模で空気中の酸素が徐々に少なくなっている現状では、後者の「溶解型酸素」が酸素不足を補うものとして注目されています。
肺からだけでなく、酸素を溶かし込んだ水を摂取することによって、より多くの酸素を取り込むことができます。
WOXはその点に注目して開発された商品です。

WOX 高濃度酸素リキッド WOX-ウォックス-

高濃度酸素水WOX-ウォックス-は、効率よく末端の細胞レベルまで酸素を届けます。
これまでとはまったく違う独自の新技術により水に酸素を溶け込ませ、
安定化することに成功しました。(特許申請中 特願 2010-279153)

製品について詳しくはこちら