医療文献

第4報 糖尿病のHbA1c値と高濃度酸素液(WOX)飲用

 

萩原敏且1,3)、松本美弥子1,3)、織田慶子2、3)、松本高明 1,3)

1) メディサイエンス・エスポア株式会社
2) 保健医療経営大学保健医療経営学科
3) 特定非営利活動法人QOLサポート研究会

はじめに

2014年の「国民健康・栄養調査」によると、糖尿病が強く疑われる人は2011年の270万から316万6千人に増加し1)、さらに増える傾向にある。本調査における「糖尿病有病者」とは、後で述べる糖化型ヘモグロビン(HbA1c)のNGSP(国際基準)値が6.5%以上か、糖尿病の治療を受けている人である。
糖尿病の診断は、これまで空腹時または食後の血糖値の測定で行われていたが、血糖値は食事や運動の影響を受けやすく、一時的な節制や過食でも簡単に数値が変わることから、近年HbA1c値(%)の測定が行われるようになった2)。 HbA1cは赤血球ヘモグロビンに血中グルコースが吸着したもので、赤血球の寿命が長いことから、血糖値の測定と異なり、過去1-2か月間の血糖の状態が把握できるため、糖尿病のより正確な診断が可能で、合併症の予防にも役立つとされている2)。
これまで、糖尿病や糖尿病による合併症を防ぐため、食事療法や薬物療法が中心におこなわれていたが、有酸素運動能力の低下に伴い、糖尿病の発生率が高くなることや3)、運動をしないグループでインスリンが十分にあるにもかかわらず血糖値が上昇するインスリン抵抗性が指摘されるなど4)、糖尿病における有酸素運動の重要性が指摘されるようになった。
われわれは大気下で高濃度溶存酸素が長期間保持され、飲用により血中酸素飽和度SpO2が上昇する高濃度酸素液(WOX)を開発し5)、本製品が慢性閉塞性肺疾患COPDの改善6)や、うつ症状及び睡眠障害の寛解7)に酸素カプセルや有酸素運動に匹敵する効果が期待されることを報告したが、予備試験において、本製品の2か月間飲用でHbA1cが0.2%以上低下するという結果が得られたことから、糖尿病が疑われるWOX飲用希望者についてWOX飲用試験を行い、HbA1c値の測定を主に糖尿病に対するWOXの影響を調べた。

対象及び方法

試験結果について個人情報保護法に基づき、個人が特定されない方法で公開することの了解が得られた成人を対象に、医療機関から個人の臨床検査結果の入手が可能な17名(男12名:年齢40-70歳代、女5名:年齢50-80歳代)を対象とした。
被験者はWOX飲用試験実施にあたり、性別、年齢、体重、基礎疾患の有無など一般的な質問ならびに糖尿病歴および治療法についての回答とともに、表1に示す方法でWOXを飲用した。臨床検査成績はWOX飲用前(期間は限定せず)及び飲用後およそ1か月以内の検査結果とした。なお、被験者に対して血中酸素飽和度(SpO2)の測定はしていない。

結 果

被験者17例の性別、年齢、体重、病歴、WOX飲用前及び後の血糖値及びHbA1c値について表2に示す。被験者数は性別では男性が女性のおよそ2倍、年代別では50-60歳代が主であった。治療としては食事療法が7例、運動療法が5例であった。薬物療法は1例を除く全例で実施され、5例でインスリン製剤が用いられているが、その他の薬剤についての詳細は省略した。なお、被験者の半数は複数の療法を受けていた。また、病歴は20年以上が5例、10-15年が3例、6年未満が9例で、半数は長期間の病歴であった。
血糖値およびHbA1c値は表2に示すように数値にかなりばらつきがあるが、WOX飲用前の平均値血糖値は164mg/dL(107-296mg/dL)であったのに対し、およそ3週間のWOX飲用により.平均値は142mg/dL(84-268mg/dL)となり、4例(No.5, 10, 14,17)でやや 上昇したものの20mg/dL低下した。また、HbA1c値では飲用前の平均が7.6%(5.8-10.7%)に対して、飲用後の平均値は7.3%( 6.0-9.9) で、2例に上昇があったものの0.3%低下した。 個別にみると、WOX飲用により血糖値及びHbA1c値が低下あるいはHbA1c変化なしが12例、血糖値及びHbA1c値ともに上昇した例が1例(No. 5)、血糖値は低下したが、HbA1cが上昇した例が1例(No.4)、HbA1cは低下したが、血糖値が上昇した例が2例(No.13,14)見られた。このうち病歴20年以上の1例(No.3)および病歴が5年以下の1例(No.11)は7.0%まで低下した。一方、変化なしが病歴10年以上および5年未満の各1例、逆に上昇したのは病歴6 年未満の2例(男のみ)にみられた(表2)。 全例について WOXの飲用によるHbA1c値の変動をまとめた(図1)。HbA1cが低下したのは12例(70.6%)で、このうちHbA1c値の高い2例(No 7,12)はHbA1cのみならず血糖値もおおきく低下した(表2)。また、この2例を含むHbA1cが0.6%以上低下した5例の臨床所見や検査結果を見ると、表には示していないが髪の毛がくるっとしてきた(No.6), 中性脂肪の減少や尿蛋白が+2から+—への低下がみられた(No.7、熟睡出来る。身体がかるくなった(No,12), 足のむくみが減少した、寝付きが良くなった(No15)など臨床検査結果あるいは感想も報告されている。

考 察

糖尿病の診断にはHbA1cのみの反復検査は不可とされ、血糖値も併せて測定することしているが8)、HbA1cは糖尿病による合併症を防ぐための指標として注目されている8 )。理由としてHbA1cは酸素に高い親和性を示すが、酸素解離能低下による酸素運搬機能の障害により末端組織で酸素不足をおこし(9 )、 創治癒の遅延や末梢神経障害の原因10)となると考えられる。日本糖尿病学会と日本老年医学会は、合同でHbA1c値をもとに「高齢者糖尿病の血糖コントロール目標」とした合併症を防ぐためのガイドライン を発表しているが11)、それによるとインスリン製剤などの投与がなされていない場合のHbA1c正常値は7.0未満である。今回の飲用試験に参加した人のうち12名(70.6.%)が7.0以上で合併症を起こす危険性があるとされるが、WOXのおよそ3週間飲用により2名は7.0未満に、また4名は7.0まで低下した。高気圧酸素カプセルもHbA1c値をさげる効果があるとされているが12)、施療期間が長いこと、使うにあたってインスリン投与中はさけることなど規制もあることから、WOXはHbA1c値を低下させる簡便で有効な方法と考える。 なお、本試験中でWOX飲用によりHbA1cが上昇する例が2例みられたが、異常高値を示す原因として腎不全、異常ヘモグロビン、アスピリンの大量内服、アルコール中毒などが報告されている13)。今回の試験では1例に基礎疾患として膠原病がみられたものの、他の1例では自覚症状など特記すべき事項はなかった。今後例数を追加して更に検討したい。

利益相反申告

本論文を掲載するに当たり報告すべきものなし

文 献

  1. 糖尿病の調査・統計・数字、糖尿病ネットワーク
    (http://www.dm-.co.jp/calendar//chousa/population.php)
  2. 日本糖尿病学会:糖尿病:診断基準を見直しヘ へモグロビンA1C (HbA1c) に. ( http://hakuraidou/com/blog/2783/)
  3. 糖尿病患者さんの運動指導の実際、糖尿病患者さんに、なぜ運動が必要か(前半)-糖尿病NET-運動療法情報ファイル(http://www.dm-net.co.jp/fitness/staff/001/1.php)
  4. 糖尿病患者さんの運動指導の実際、糖尿病患者さんに、なぜ運動が必要か(後半)-糖尿病NET-運動療法情報ファイル(http://www.dm-net.co.jp/fitness/staff/001/12.php)
  5. 松本高明、大槻公一、谷口 明 ほか:高濃度溶存酸素液(WOX)飲用による動脈酸素飽和度(SpO2)への効果. Prog Med  2016; 36 :127-130..
  6. 萩原敏且、山崎 勉、野口いづみ ほか:慢性閉塞性肺疾患(COPD症状と高濃度酸素液(WOX)の飲用効果. Prog Med 2016; 36:571-576.
  7. 萩原敏且、猪森茂雄、松本美弥子 ほか:うつ、睡眠障害における高濃度酸素液(WOX)の効果。Prog Med 2016; 36:973-976.
  8. 国立国際医療研究センター病院: 糖尿病 標準診断マニュアル(一般診療所・クリニック向け)第13版 (http://ncgm-dm.jp/renkeibu/index.html)
  9. 天野昌夫、永井良三、長谷川昭:糖尿病における運動時骨格筋酸素運搬障害の基礎的及び臨床的研究(https://kaken.nii.ac.jp/d/p/09670693)
  10. 高岡駅前クリニックー高岡市医師会報掲載記事―糖尿病と創傷治癒
    (http://www.einan-clinic.com/ishikaihou/28.html)
  11. 日本老年医学会:高齢者糖尿病の血糖コントロール目標2016(http://www.jpn-geriat-soc.or.jp/tool/tool _011.html
  12. 酸素カプセル導入ガイド(http://www.oxycapsule.com/effect/lifestyle_related_illnesses.html
  13. 血液から見える健康-第3回HbA1cに影響を与える要因について.糖尿病特集サイトメディマグ メディマグ,糖尿病(http://dm.medimag.jp/contents.php?dir=column&id=n/7_1

表1 WOXの飲用方法(飲用量)について

飲用試験用に500mLペットボトル24本提供。
起床時(朝食前)125-250mL
就寝時     125-250mL
呼吸困難を感じられるときは125-250mL
その他、体調により125-250mLを適宜増加させます。
症状の進行などによりWOXが不足した場合はご連絡下さい

 

表2 糖尿病を疑う成人のWOX飲用及び後の血糖値(mg)およびHbA1c値(%)

表2 糖尿病を疑う成人のWOX飲用及び後の血糖値(mg)およびHbA1c値(%)

図1 糖尿病を疑う成人のWOX飲用及び後HbA1c値(%)の変動

図1 糖尿病を疑う成人のWOX飲用及び後HbA1c値(%)の変動

【文献をご覧いただく際のご注意】

当ホームページに掲載されている全ての画像・文章・情報等は著作権により保護されております。
著作権者の許可なくこのサイトの内容の全て又は一部を複製・転載・流用・転売・複写・譲渡・貸与等することを固く禁じます。